ユヴェン卜ス—イギリス風趣味の老貴婦人

イギリス風趣味の老貴婦人であるユヴェントス

2

「老貴婦人」ことユヴェントスがピンクのユニフォームを捨て、今では世界中で知ら れる白黑ストライプを着ることになつたのは、イングランドでの間違いのおかげだ

1897年11月1日、13人の学生がトリノのベンチに座り、多種目のスポーツクラブを作ろうとしていた。年齢14〜17才だった彼らは、クラブを「スポーツ•クラブ•ユヴェントス(ユヴェントスはラテン語で若者の意)」と呼んだ。サッカーのユニフォームはまだ簡単に手に入らなかったので、最初はピンクのシャツにネクタイ (または蝶タイ)と黒いゴルフズボンでブレーしていた。

だがこのシャツは質が悪く、すぐに使われなくなる。 1903年、彼らはイングランドのクラブ、ノッティンガム•フォレストに、クラブの赤いユニフォームを送ってくれるよう頼んだのだが、話がちょっと混乱し、イタリアに送られてきたのはノッツ•カウンティの白黒スト ライブのユニフォームだった。だがユヴェントスはそれを「攻撃的で力強い」と思い、以来、ビアンコネロ(白と黑)を着てブレーしているのである。

実ユヴェントスは強くなった。1923年7月24日、自動車メーカー、フィアット社の創業者ジョヴァンニ•アニェリの息子、エドアルドがクラブを買収。これにより、ピエモンテ州の上流階級と、トリノを本拠とする フィアットの工場で働き、クラブのサボーターでもある南イタリア出身の労働者たちが連帯し、ユヴェントス を「イタリアの恋人(La Fidanzatad’Italia)」に押しあげることができたのだ。なお、クラブは1945年にユ ヴェントス•フットボール•クラブと改名している。

ユヴェントスはイングランドとの特別な関係を忘れていない。2011年の新スタジアムのオープニングに、ノッ ツ•カウンティFCを招待した。相手はイングランドの3部リーグのクラブだが、この機会を祝って親善試合を行ったのである。白黑ストライブを贈ってくれたことへの、なんともエレガントな感謝の示し方だった。

すべてを出し尽くしたプラティニ

3

1987年5月17日、傷みの目立つスタディオ•コムナーレにつめかけた3万人のファンに別れを告げてから、シェル・プラティニは新たな地平へと歩みを転じた。ユヴェントス対ブレシアの試合はエキサイティングで(3ー2)、よい思い出になったが、彼は長いキャリアの間に身につけたユニフォームをどれ1つ持って いない。「ユヴェントスで最後に着たのすら持ってないよ」と、2007年1月26日にUEFA会長に選ばれた元10番は言う。「本当に1枚も残してないんだ。残らず友だちやチャリティ団体に贈った。少しはお金になるからね。あと、若い頃にユ ニフォームが欲しいと言ってくれた大勢の人にもプレゼントした」。

だが、プラティニは他のものはいくつか大事にしている。「実は、持っているのは 丸みのある立体的なものだけでね。3度もらった欧州最優秀選手(1983〜1985 年)のバロンドール•卜ロフィうちの2つとか。1つはアニェリ会長(プラティニ在籍当時のユヴ3:ントス会長ジョヴァンニ•ア二ェリ、2003年1月24日逝去)の家にある。

2つはうちにあるよ、娘と息子に1つずつね。ある日、アニェリ会長に聞かれたことがある。「これは本当に金でできているの?」ってね。「どうかしてるんじゃないですか?本物の金だったら絶対差しあげませんよ!ただ金色をして蚤だけです」と答えたんだけどね。そうしたら、会長がプラチナ製の をくれたんだ。あと、取ってあるけど丸くないのは、自分がかかげて走った1992年アルべ—ルヴイル•オリンビックの火の卜一チだけだね。あれはまだ持ってるよ」。

カテゴリー: ユヴェントス,セリエA,サッカー選手 | コメントする

ユヴェントス 2017-18 新シーズンユニフォームを発表

Juventus-FC-adidas-01

ユベントスFCクラブが1897年に創設されました。2006年にクラブ史上初めてセリエBへの降格を経験しました。セリエAでは歴代最多優勝記録を持ちます。今までにジダンやデルピエロなど国内外のスター選手が多く所属したビッククラブです。マッシミリアーノ・アッレグリ監督がチームを再構築し、前線では新戦力のパウロ・ディバラがブレイク。2016年2月に首位に立つとそのまま2位以下を突き放し、見事リーグ5連覇を達成しました。

このユヴェントスが 17-18 新シーズンユニフォームを発表しました。ユヴェントスFC、2017-18シーズンの新アウェイユニフォームは黄色基調で青いピンストライプ柄、アディダス3本線は袖に配される模様です。2017-18シーズンの新サードユニフォームは公募されたデザインの中から選ばれ、ミリタリーグリーン基調で白と黒のチェストストライプとなった模様です。画像では旧エンブレムだが新エンブレムが採用されます。

ここにはユヴェントスに関するサッカーユニフォームとサッカー情報を豊富に揃えています。随時更新しますので、興味ある方ぜひチェックください!

カテゴリー: ユヴェントス,セリエA,サッカー選手, 海外サッカーサッカー用品,サッカー速報 | コメントする

「パレルモ戦に向けて」エルナネス準備進行中!

juventus_logoエルナネス土曜日のパレルモ戦への準備をし、次のレベルで試合をし続ける様にビアンコネリに求めます。

フットボールにおいて三日は長い間と言えます。ユベントスはインテルに今シーズン最初の敗北を喫し、水曜日のカリアリ戦でコンシーズ最大の得点差を示しました。

ジェットコースターの様な72時間、バランスの程度と必要な物、イベントをエルナネス、別名「予言者」は正確に理解し、Skyとメディアのインタビューに答えました。

「人々は、インテル戦での失敗が長い目で見れば私達に良い貢献になると言いました。私は、正しい方法を入れるのを確信していません。しかし間違いなく許す事が出来ないチームを締めるフットボールの場合で、もし目的と決意が本当の意味で試合に無ければ勝つ事ができません。

0006-variant1400x787

私達はこの結果に対する反応が必要でした。これは私達が得た物です。アッレグリ監督は特定の方向を昨日の試合へ私達は向けました。そして非常に良い影響で監督の指示に従いました。」

ビアンコネリが初めに先週日曜日の失望をシステムから取り出し、エルナネスは今後の順風満帆の幻想を捨て、チームメイトへアウェイでの今週末のパレルモ戦へ強さを維持するように訴えました。

ユヴェントス 16-17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

578ef3f0d24c1499162624

関連サイト:

mlb ユニフォーム

サッカーシューズ

サッカー ユニフォーム

カテゴリー: ユヴェントス,セリエA,サッカー選手, 海外サッカーサッカー用品,サッカー速報 | コメントする

ユヴェントス16-17サッカーユニフォーム発表された!

ユヴェントスは2015年夏、カルロス・テベス、アンドレア・ピルロ、アルトゥロ・ビダルという主力3選手が移籍しました。CL決勝へ進出したチームから大きな戦力ダウンとなり、開幕から1分2敗という厳しいスタートを切ります。

しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が徐々にチームを再構築し、前線では新戦力のパウロ・ディバラがブレイクです。2月に首位に立つとそのまま2位以下を突き放し、見事リーグ5連覇を達成しました。

その彼らが14日に発表した新ユニフォームがこちらです。白と黒による伝統のストライプだが、NEWモデルは太めの線を採用し、さらに黒のラインの中央に細い白ラインを配置します。脇に配されたスリーストライプスを含め新鮮な感じのデザインに仕上がっています。

ユヴェントスが先日発表した2016-17シーズンの新アウェイユニフォームは、定番カラーの一つである青を基調としたデザインです。これは前回CLを制した1995-96シーズンのアウェイに因んだもので、ユヴェントスは1996年5月22日の決勝戦、青のアウェイユニフォームを着てアヤックスと対戦です。PK戦の末に前回王者を破り、2度目の欧州制覇を成し遂げました。

ユヴェントスは2015-16シーズン、出だしで躓いたものの見事に持ち直し、終わってみれば2位に9ポイントの差を付けて5連覇を達成しました。最少失点の守備陣はその後、EUROの舞台でもイタリア代表として素晴らしいパフォーマンスを見せました。

この夏はFWアルバロ・モラタがレアル・マドリーへ復帰した一方、補強はここまでMFミラレム・ピャニッチ(ローマ)、MFマリオ・レミナ(マルセイユ)、DFダニ・アウヴェス(バルセロナ)、DFメフディ・ベナティア(バイエルン)など中盤より後ろが中心です。そういったポジションの選手に移籍があるのか気になるところです。

おすすめサイト:

15-16サッカー 日本代表​ ユニフォームがすべて揃えております。日本代表のサッカーファンなら、ぜひお見逃しないでください!選手にとって、君たちの支持が欠かせない存在です。

ナイキを始め、各ブランドのサッカー スパイクがすべて人気通販しています。スパイクとか、スニーカーとか、きっと好きなシューズが見つけります。

日本スポーツイブでは、nba ユニフォームも人気通販していますので、バスケットボールが好きなお客様にとって、見逃しないチャンスでしょう!

新作の日本代表ユニフォーム激安通販サイトへようこそ!ここで、各選手のサッカーユニフォームがすべて揃えております。ぜひ、ご覧下さい!

カテゴリー: ユヴェントス,セリエA,サッカー選手 | コメントする